ツイッター

  • ツィッター

フォロー

最近のトラックバック

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

2011年7月22日 (金)

4回目の訪問 陸前高田市-二日目 別れ-

疲れていたのか朝方までぐっすりでした。

最初暑くて寝袋無しで寝ていたら、寒くて起きてしまいました。

朝はうっすら曇っていたが、あっという間に晴れて快晴sun

Imgp5898b 玄関から出た正面はグラウンドになっていてテントが張れます。確か最大60。

まだ出発までだいぶ時間があったので

ゆっくり、のんびりした朝をすごしました。

Imgp5900b_2 くつろぎコーナー

こちらでコーヒーをいただきながら

メンバーと談話してました。

すがすがしい朝で最高でした。

のんびりしてたら時間が迫っていて焦って

ボランティアセンターへ向かいましたcoldsweats02

結構、適当なリーダーですいません。

二日目も前日と同じ場所になりました。畑の瓦礫撤去です。

昼ご飯はボランティアセンターに広告が貼ってある、お弁当屋さんに

お願いしました。

このお弁当屋さんがすばらしい

活動している現地まで配達していただけるのです!!

380円で、ご飯とおかずが別々になっている、立派な弁当!

弁当箱も回収していただけます。大船渡から配達しているそうです。

本当にありがとうございました。大変、おいしかったです☆

昼の休憩所は私が35班で訪れた時に、瓦礫撤去してボランティアの

休憩拠点として空けたラーメン屋跡地ですconfident

現地に行かれる方は、一度ここで休憩してみてください。

本当に落ち着きます。いい場所です♪

Imgp5913b

風通しもよく、トイレも4つ設置して

あります。

35班で参加された皆様!

こんな感じで、ちゃんと利用されていますよ。本当にお疲れ様でした。

畑の瓦礫は手付かずの状態のところを午前は少人数でやっていたので

全く進みませんでしたが、午後からは大人数になりあっという間に終わりました。

すごい!チーム北海道さんも合流。

後半はほとんど、チームTANAは依頼主のお婆さんとお話してました。

おばあさんは、本当に嬉しそうに我々とお話してくださいました。

そんなおばあさんを見て、我々も本当に嬉しそうにお話しました。

内容をだいぶはしょってます。。。shock本でも執筆しない限り全部書けません(>_<

帰り際、依頼主のご主人様も来られました。

おばあさんもおじいさんも、我々とずーーーっと話をしていたそうな

感じでした。別れが辛そうでした。

おじいさんが「別れは辛いねー」と言っていました。

メンバーのyuiちゃんに、養子に来ないかと言っていましたshock

我々の車が出るまで、ずっと見送ってくださいました。

私はこの別れは特に悲しくは無かったです。

また、必ず会えると思えたからです。

岩手県で出会う人出会う人、すべての人が元気で力強い。

消極的な言葉はほとんど出てこない。

ほんとうはほんとうは、想像できないくらい辛いんだと思う。

でも必死に前向きで、ニコニコしてる岩手県の人たちが大好きです

-二日目 けじめ-に続く

2011年7月15日 (金)

4回目の訪問 陸前高田市-住田基地-

宿泊の予約を入れてある

ボランティアの住田基地へ向かいましたconfident

廃校になった小学校みたいですが、

なかなか綺麗でしたhappy01

Imgp5899b_2 おしゃれな学校です。

Imgp5894b_2 中はこんな感じで

線が引いてあり、その枠内に

寝袋を広げて雑魚寝です。

人が少ないときは枠は無視可ですcatface

女性専用(十数名用)の部屋もあり、今回メンバーの3名とも入れました♪

チェックインしたら、住田基地にもお風呂はあるのですが

時間制限と狭いということで車で15分ほどのところにある

「遊林ランド」というところへ住田基地で割引券をいただいて

向かいました。200円でヒノキの素敵なお風呂に入れましたwink

しかし、移動中に残念な事がありましたweep

前の車の人が窓から空き缶を投げました。。。

岩手ナンバーでした。なんだか複雑な気分になりました。

人間って本当、難しい生き物ですね。

前の車のやつ、空き缶投げやがったと思わず汚い言葉になって

ごめんなさい。

夕食は遊林ランドと住田基地の間にある、味噌らーめん「麺太」で食べました。

ここが皆さんに絶賛の味でしたhappy02

皆さんは気仙味噌を使った味噌ラーメンでしたが、

私は蔵出し特製味噌らーめんを選ぶと、そのスープが大変おいしくて

最高でした。特にIさんは、こんなおいしいらーめん食べたことねぇ!と

叫んでました。

みんな食べ過ぎて、苦しくて歩くのがやっとでしたcoldsweats02

その夜、住田基地へ戻ると、駐車スペースの周辺は光が全く無くて

女性陣はビクビクしてましたcatface

でも、目の前の川には

蛍がconfidentふわふわ浮遊してました

それを見ながら、みなでわーわー言いながら住田基地へ。

寝る用意を済ませて、男Hさんは眠りにかかって女性Hさんは

食いすぎでダウン。

私は車に忘れ物をしたのに気付いて、真っ暗闇に一人で行く羽目にbearing

一緒に行かない?という質問を次々と断る、冷たいメンバー。

しかし、意外に怖くなかった。携帯の光を頼りに。

年の功かな?coldsweats01

でも、道の先は真っ暗で何があるのかわからないくらいで気持ち悪かった。

しかし空を見上げると。。。

満天の星空confident

被災地の言葉を失う状況を見てきたが、

この綺麗な星の光はどこから見ても一緒で綺麗なんだなぁと

不思議な気持ちになりました。

日中見てきた状況と夜の蛍や星空のギャップがなんだか

頭を混乱させます。

しばらくの間、被災地であることを忘れましたconfident

この後、ダウンしている人は置いておいて、

IさんとYさんと3人でまた星空を眺めに行きました。

幸せでした。生きている事のありがたさを感じました。

このありがたい命を一度しか無い人生をどう生きればいいのか

自問自答します。

-二日目に続く-

2011年7月11日 (月)

4回目の訪問 陸前高田市-畑の瓦礫撤去1日目-

ボランティアセンターでの流れは

受付&ミーティング→マッチング(派遣先決定)→ステッカー用意&説明等

1日目は良くわからず、バタバタしちゃいましたcoldsweats01

すべて済ませて少し遅くなり出発。

今回は陸前高田市の米崎地区☆

4度目の訪問なので、目的地の地図見ただけですんなり行けました。

依頼主さまに挨拶し、派遣先の畑へ向かいました。

そこは全くの手付かず状態で、畑まで行くのに瓦礫の合間をぬっていく感じです。

すでに活動しているグループがいました。

チーム北海道!みなさん、会社からの新入社員の研修のような形みたいで

若者のグループでしたhappy01

研修とは言え、良い経験ですよね。

何を思い、活動しているのでしょうね。

この日は皆さん寝不足で、移動の疲れから全員ふらふらでした。

30分に一回は休憩を入れて活動。この暑さの下での瓦礫撤去は

30分が限界だと思われますwobbly

お昼は少し離れたところに、私が県の35班で参加したときに、

ボランティアの休憩場所として瓦礫を撤去して綺麗にした

ラーメン屋の跡地を使用☆

なんだか不思議な気分になります。

ここは風通しもよく、ラーメン屋さんの鉄骨しか残っていませんが

日陰になるので、涼しいです。仮設トイレも3つありますconfident

午後は依頼主のお婆さんが差し入れしてくれたり、

お婆さんとお話する時間もありました。

おばあさんは本当に感謝していただいて

「皆がかわいい、かわいい」とつぶやいていました。

瓦礫撤去が終わって引き上げる時も、

「寂しいねぇ」とつぶやいていました。

そんなとき、私の悪い癖で「また来ますから」と言ってしまいますdespair

4月に出会った人にも5月に出会った人にも、

6月に出会った区長さんにも、「また来ますね」「来月も来ますので!」

と言いました。

なぜそこまで何度も行くの?と聞かれる事もありますが

それが陸前高田へ行く理由のひとつになっていますconfident

-続く-

2011年7月10日 (日)

4回目の訪問 陸前高田市-集結-

7月5日

夕方集合し、車で出発。

今回は私含めて、男性2名 女性3名ですcatface

4名は元43班happy01

1名はブログの募集を見て応募してくれた女性です☆

出発時は4名。交代で運転して安達太良SAで

女性1名と合流。少し遅くなってお待たせして申し訳なかったですbearing

なかなか寝れなかったですが、車を出してくれた方の

気遣いで、本当に快適に現地まで行けました。感謝感謝ですconfident

18時半くらいに出発し、ボランティアセンター着いたのは

朝6時くらいでしょうか。のんびりゆっくり行って掛かった時間ですconfident

東北は朝方はだいぶ涼しいです。それでも8時を回ると急激に

気温が上昇。。。天気に恵まれて最高sign03

ボランティアセンターの駐車場からは直接川に接していて

足や手を冷やしたり、メンバーと川遊びしましたcatface

8時半からボランティアセンター受付開始。

センターへ行くと、そこには福井県の社会福祉協議会の職員や

福井市の社会福祉協議会の職員などが数名いて、ほっとしました。

職員もかなり嬉しそうにしていましたconfident

今回は鯖江市より授かりましたノコギリを11本寄贈。

重要任務完了です。

●鯖江市は本当に災害支援関係は融通が聞くので

今回、本当に感心しました。

ノコギリ11本の寄贈の話も、言ってから二日で用意してもらいました。

すばらしい行政です。将来鯖江に住もうかなと本気で考えましたhappy02

補助金2万円もいただきまして、ガソリン代に使わせていただきました!

税金ってこういうところにたくさん使うなら大賛成ですし、

利用したいですね。

高速道路も無料でしたし!

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

特に、市民協働課の皆様、ありがとうございました。

-続く-

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

TANA'S

  • TANA'S PhotoGallery
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

google

  • google
フォト

オンライン写真プリント

  • fotofoo
  • ネットプリントジャパン
  • カメラのキタムラ
  • snapfish

ブログセンター

  • ブログセンター
無料ブログはココログ